メーカー営業の仕事内容を紹介します!「そんなに苦じゃない」

こんな方に読んでほしい
 メーカー営業の仕事内容について知りたい

どーも、メーカー営業のヒロ(@sales_bloger)です。 メーカー営業歴6年で、トップセールスです。今回は、メーカー営業仕事内容について解説。

メーカー営業に興味ある方は、普段のメーカー営業の仕事内容気になりますよね?

結論から申し上げますと、全然思ったほどきつくありません。

もし、販売物のジャンルに興味がある方でしたら、むしろ楽しいと思います。

「メーカー営業の仕事内容について知りたい」

「メーカー営業ってクレーム対応ダルそう」

「メーカー営業の仕事で一番重要なことってなに?」

「メーカー営業の中でも残業が少ない会社がいいな」

そんな方におすすめな記事です。

実際にメーカー営業として働いて、「仕事内容は営業の中では楽な方、クレーム対応が楽しみ、大手なら仕事内容が本当に少ない」という感想を持ちました。

メーカー営業に興味あるけど、不安な方に読んでほしいです。

 

メーカー営業の仕事内容は、割と楽な方だと思います。

メーカー営業の仕事内容は、割と楽だと思います。

別の記事で紹介しているので、詳細は割愛しますが、商社営業と比較すれば本当に楽でしょう。

※当記事の最下部に詳細を説明した記事のリンク設けました。

商社営業は、どこの業界も仕入れと営業の二刀流です。

ですので、営業だけのメーカー営業は本当に楽だと考えてよいですね。

メーカー営業で一番厳しいのは、自分の実力以外で売り上げが下がる可能性が高いこと。

例えば、ライバルメーカーが画期的な製品を開発してきたとします。

それに対応できなかった場合には、商権を失い売り上げがダウンすることも・・・

また、品質管理ミスで重大クレームが発生した場合もそうですね。

商社営業の場合には、他の製品を紹介すれば良いだけですので、突然の売り上げダウンはなかなかないでしょう。

取引先の業績不振くらいであって、その場合には「仕方なし」で済んでいますね。

取引先が大手であればあるほど、商社営業の場合には、「仕方なし」で済んでいました。

ヒロ
品質に優れたメーカーなら楽勝楽勝!!

 

メーカー営業の実際の仕事内容を紹介!

ここからは、メーカー営業として実際に働いた筆者の仕事内容を紹介。

下記になります。

メーカー営業の仕事内容
  1. アポイント取得
  2. 商談
  3. 見積もり作成
  4. 納品書確認
  5. 請求書確認
  6. 展示会接客応対
  7. クレーム対応

ヒロ
詳しく見ていきましょう!

 

 

アポイント取得

まず、アポイントの取得があります。

商談に行くのに、「◯日の◯時にお願いします」みたいな感じ。

大体、月曜日にアポイントを取得します。

メーカー営業は、保険や新聞と異なりルートセールスが基本。

ルートセールスとは、決まったお客様に訪問するような営業です。

ですので、毎週月曜日にアポイント取得できるか心配になるような営業スタイルではありません。

メーカーにもよりますが、月曜日にアポイントを取って、火曜日に出かけて、木曜日まで社内に戻ってこない様な営業スタイルもあります。

北海道や東北、北関東、四国、中国、九州担当の方はそんなイメージ。

人によっては毎週出張なんてこともあります。

ですので、これが嫌な人はどんな営業スタイルか面接かOB訪問で確認するべきですね。

最近ではメールでアポイントを取るようになってきました。

私は、月曜日に次週のアポイントを入れるようにしています。

下記、私が使用していたメールアポイント例文。

そのまま使用してください。

単語登録すれば、いつでも使えます。

 

メールでのアポイント例文を紹介

株式会社〇〇〇〇
〇〇様

いつもお世話になっております。
早速ですが、表題の件です。

新商品のご提案にお時間賜りたくご連絡致しました。
つきましては、下記のお時間ご都合いかがでしょうか?

◯月◯日(月)11:00より
◯月◯日(火)13:30より
◯月◯日(水)15:00より

お忙しいところ大変申し訳ございません。
ご確認の上、ご返答の程よろしくお願い致します。

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
株式会社XXXXXX
佐藤 ヒロトモ

〒XXX-ZZZZ
大阪府大阪市〇〇区〇〇町2-30-13

TEL:06-XXXX-XXXX  FAX:06-YYYY-YYYY
MOBILE:080-ZZZZ-ZZZZ
mail:VVVVV@VVVV.co.jp
URL:会社のHPにしましょう
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

 

↑△▼で挟まれた部分を「署名」といいます。

たぶん会社で用意してくれると思いますが、署名をお忘れなく。

企業によっては自作するような会社もあります。

署名は毎回作らずにメールソフトに登録できるので登録してください。

ヒロ
電話アポイントは、相手のストレスになることも!メールであれば間違えも少ないです。

 

商談

アポイントが取れたら商談に行きます。

商談では下記のようなことをメインで話しますね。

商談内容
  1. 新商品紹介
  2. 値上げ
  3. ユーザー別に商品提案
  4. 会社からのお願いをする(受けることも)

ほとんが、①と③でしょう。

商品を紹介することですね。

③は新商品ではないけれども、既製品を売れそうな得意先に案内してほしい旨を伝える商談ですね。

④は、展示会案内や社屋の移転、製品代金の回収、販促キャンペーンなど。

商品を紹介することも重要ですが、一番は製品や市場の情報を聞き出すことになります。

メーカー営業の一番の仕事は、製品改良に繋がる情報や新商品開発に繋がる情報を会社にフィードバックすることですからね。

ヒロ
営業が、商品開発につながる情報を会社へバックしないと新商品は生まれません。

 

見積もり作成

見積もり作成も営業の仕事です。

営業で外出したときは、営業事務さんが対応してくれることもありますが、基本は営業が対応するでしょう。

大手メーカーは割と営業事務さんが対応してくれます。

見積もり書のフォーマットは会社にあるはずなので、もらってください。

絶対に素人が作ると誤りが発生しますので。

ヒロ
見積もりの依頼は新商品だけではありません。何回も同じ見積もり依頼がきますので、お客様別に見積もり書一覧を作って起きましょう。

 

納品書確認

注文の内容を確認する納品書を確認するメーカーもあるでしょう。

特別価格でお見積もりしたのに、通常価格で納品してしまった場合には、訂正が必要。

訂正は手間がかかるので、販促キャンペーンのときは注意しましょう。

先進的なメーカーでは納品書自体がなく、データで確認するケースもありますね。

大手メーカーでは、営業は確認せず専門の部署か営業事務が確認します。

ヒロ
あまり時間をかけなくてもOK

 

請求書確認

請求書の確認も営業がする会社もあります。

基本は、営業が触ることはあまり良しとされていません。

今の時代には、ないとは思いますが、請求書を改ざんして不正受給ができてしまうから。

取引先と組んで不正受給ができてしまうので、こちらも専門の部署が行うのが通常。

営業が確認しておくべきは、しっかり契約の通りに入金がされているかです。

営業の仕事は、製品を販売するだけではなく、代金の回収を確認するまで。

校長先生が遠足の閉会の挨拶で言う「遠足は自宅に無事に帰るまでが遠足です」に近いものがありますね。

ヒロ
最後の例えはイマイチでしたが、どんなに大きな売り上げをあげても代金を回収できないと降格になる可能性もあるので、注意が必要!

 

展示会接客応対

メーカーは、新商品や新事業の発表を展示会で行うことがあります。

例えば、東京モーターショーなどが一番わかりやすいでしょう。

この時に営業は、展示会ブースで来場者を応対します。

既存の得意先がくるので、普段紹介しているかもしれませんが、再度ご案内するイメージ。

得意先ではなく、得意先のお客様である、ユーザーも来場します

ユーザーの生の声を聞けるチャンスなので、たくさん声をかけて対応するべきですね。

ヒロ
展示会対応で、新規営業できるので、展示会に参加するべきでしょう。

 

クレーム対応

クレーム対応もメーカー営業の仕事です。

例え自分の責任ではなくても、クレーム対応はしないといけません。

会社を代表しての営業担当なので、絶対に自分以外の人の責任にしたりするような発言はしないようにしましょう。

商談ブースが1フロアにたくさんある商談室ですと、新人営業風の人がそのようなクレーム対応をしているを、たまに聞こえてきますね。

基本的には、信用を失う発言なので、真摯にクレームの内容を受けとめ、会社へフィードバックしましょう。

ヒロ
製品に関係するクレームはむしろチャンスなこともあります。詳細は別の記事で解説します。

 

まとめ:メーカー営業の仕事内容は、楽ですね。ただし発想力がすこし必要!

当記事では、メーカー営業の仕事内容について解説しました。

大手の方がメーカー営業に専念できると思います。

中小ですと細々な作業的な仕事が多く、若干スピード感が必要かもしれません。

また、1名に対する担当店の数も忙しさに関係してきます。

その辺りも面接かOB訪問で聞いてみても良いかもしれませんね。

ヒロ
最後までお読みいただきありがとうございました。下記の関連記事もよろしくお願いします。

「メーカー営業がきついか楽かどうか知りたい」

そんな方に向けて、メーカー営業として働いてきつかったことと楽だったことを解説しました。

下記のリンクから確認をお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です