メーカー営業に資格いる?製品関係の資格がベスト!【趣味資格でも可】

こんな方に読んでほしい
 メーカー営業に必要な資格について知りたい方

どーも、メーカー営業のヒロ(@sales_bloger)です。 メーカー営業歴6年で、トップセールスです。今回は、メーカー営業に必要な資格ついて解説。

メーカー営業に興味ある方に向けてどんな資格が役に立つか解説しました。

結論から申し上げますと、特に資格は不要だと思います。

ただし、あればメーカー営業として活躍できる資格はありました。

「メーカー営業ってどんな資格が必要なの?」

「メーカー営業に興味あるけど、資格が必要か知りたい」

「メーカー営業として就職活動で役立つ資格はある?」

上記のような方におすすめする記事になります。

実際にメーカー営業として働いて「資格は不要、製品に関係する資格があれば取得するべき、入社用の資格ならTOEIC」という感想を持ちました。

資格はあるに越したことはありませんが、一番は製品に関係する資格が一番でしょう。

ヒロ
詳しく見ていきましょう!

 

メーカー営業に必要な資格とは?

冒頭のとおり、メーカー営業で取らないといけない資格はありません。

入社するための資格としては、大手であればTOEIC高得点が望ましいでしょう。

大手はすでに求人票が英語になっています。

そのくらいに英語力が重要。

メーカー営業で取得が必要な資格はありません。

あっても入社後のありきたりな業界で慣例な資格を取得するだけでしょう。

その慣例的な資格を取得することで、営業時に役に立つならそれでもOK。

ただし、慣例的に取得されている資格は、持っていても商談の場では役に立ないことがほとんど。

そこでおすすめなのが、製品ジャンルに関係した資格です。

製品に関係していれば、趣味資格と言われるジャンルの資格でもOK。

また製品関係の資格があると、入社するのにも使える可能性が大きい。

その理由を、次項から解説していきます。

ヒロ
そもそも趣味資格とは?そこから解説します。

 

メーカー営業におすすめの資格は製品関係!趣味資格でもOKですよ。

メーカー営業におすすめなのが、製品関係の資格です。

「製品関係の資格ってむずかしそう!」

と思った方、そんなことありません。

確かに、本格的な本来入社数年後に取得するような資格は難しいでしょう。

しかし、趣味資格や民間資格というものもあり、かなり際立っているのでPRに使えます。

例えば、アルコール飲料のメーカーに努めるのであれば、ワインや日本酒検定、もしかしたらクラフトビールに関係する資格もあるかもしれません。

そういったちょっとズレても大丈夫なので、「おっコイツ、ワイン詳しいんだ」みたいなポジションがあると強いでしょう。

トラベルグッズのメーカーや旅行関係のメーカーであれば、世界遺産検定などですね。

権威性が持てるので、トークの信憑性が増します。

もし大学生で興味のある分野が決まっているのであれば、ガンガン取得しましょう。

就職活動でも役に立ちますね。

ヒロ
就活でも「〇〇が好きでー」の信憑性が増しますね。営業でも同じです。

 

まとめ:メーカー営業は、営業する時に権威性が持てる資格がベスト!

当記事では、メーカー営業における資格について解説しました。

入社前にあると良いのは、TOEICの高得点。

大手は、英語力必須ですからね。

また趣味資格といった民間の資格でも良いので製品関係の資格を取ると良いでしょう。

そのメーカーの作っている製品関係が好きなことが証明されて、面接でも権威性が発揮されますね。

それはメーカー営業になった後も同じ。

営業のセールストークに信憑性が増します。

ぜひ、参考にしてみてください。

ヒロ
最後までお読みいただきありがとうございました。下記の関連記事もよろしくお願いします。

「メーカー営業がきついか楽かどうか知りたい」

そんな方に向けて、メーカー営業として働いてきつかったことと楽だったことを解説しました。

下記のリンクから確認をお願いします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です