メーカー営業への志望動機を解説!【どこの会社でも通用する内容】

 

どーも、メーカー営業のヒロ(@sales_bloger)です。

メーカー営業歴6年で、トップセールスです。

今回は、メーカー営業の志望動機について解説。

メーカー営業へ就職したい方で志望動機にお悩みの方いませんか?

結論から申し上げますと、メーカー営業の志望動機はどこでも通用するものがあります。

「メーカー営業だけど、志望動機が思い浮かばなくて悩んでいる」

「メーカー営業の志望動機でチートな回答がほしい」

「メーカー営業に多数応募したいので、どこでも通用する志望動機がほしい」

そんな方におすすめな記事になります。

実際に、面接で使用してみて「内定をもらえた、定型文から回答するので面接の波がつかめる、履歴書が応用できる」と効果を実感しました。

ヒロトモ
決まった回答文句があるのは、就活で強いですね!

 

メーカー営業の志望動機は、仕事内容から考えてみる

まず、志望動機の答えの前に、メーカー営業が何をしているのかを知りましょう。

メーカー営業の仕事がわかることで志望動機も思いつきやすくなります。

また、面接でオリジナリティーを出せますね。

下記、私が経験したメーカー営業の仕事内容です。

メーカー営業の仕事内容

  • ルートセールス(決まったお客様周り)
  • 新規営業(自主的にやっただけ)
  • 入金の確認
  • 会議出席(1ヶ月の報告)
  • クレーム対応
  • 電話対応
  • 展示会参加

一番重要なのは、ルートセールスですね。

メーカー営業は、ルートセールスが基本。

ルートセールスとは、決まったお客様だけ営業するというモノ。

かなり楽ですよ。

例えば、マクドナルドとイオングループ、JR東日本の営業担当になったとします。

そしたら、月に1〜複数回その得意先に営業するイメージ。

定期訪問みたいな感じで、新商品や自社製品の売り方を提案する感じです。

その定期訪問(ルートセールス)の中で一番重要なのは、自社製品の評価と他社情報、新商品開発につながる情報などを引き出すこと。

次項でより詳しく見ていきます。

 

メーカー営業は、なぜ情報を引き出すことが重要か!

前述の通り、メーカー営業は情報を引き出すことが重要です。

引き出しだい情報は、下記3つ。

メーカー営業が引き出す情報

  • 自社品の評価
  • 他社製品の情報
  • 新商品開発につながる情報

なぜこの3つの情報が必要なのかと言いますと、メーカー(製造業)だから。

製品が販売されて初めて収益が上がります。

つまり市場に受け入れられる製品を開発・改善しないことには会社の未来はありません。

確かに、製品の開発や改善の実務は、製品開発部が行います。

しかし、製品の開発や改善するきっかけは、営業が情報をユーザーから回収しなくてはなりません。

真面目な話で、「そりゃそうでしょ」みたいな情報でも開発部はあると助かるのです。

メーカーである以上、製品力が大事なのですが、その製品力を上げれるかは、開発部ではなくメーカー営業なんですよね。

ということで、もうおわかりかと思いますが、メーカー営業はメーカー(製造業)にとって重要なポジションです。

そこを志望動機でアピールすれば問題ないでしょう。

ヒロトモ
次項では、具体的にメーカー営業の志望動機を見ていきましょう!

メーカー営業の志望動機は、共通点がある

ここからは、メーカー営業の志望動機について見ていきましょう!

下記が、私の考えたメーカー営業の志望動機の冒頭文です。

志望動機

御社は、〇〇の製造しているメーカーです。今回、ご応募しましたメーカーの営業は、製造業で一番重要な「自社品への意見」と「新商品開発につながる一次情報を回収できる」唯一の存在だと思っています。
 つまり製品開発のきっかけに関わるので、メーカー営業は、非常に重要なポジションです。そのため、会社の中でも開発部や生産管理、物流部など、多くの方と深く関われると思っています。自分の部署だけではない方とも深く関われるのは、自分への成長にもつながると信じています。
 また、御社はーーー〇〇の役立ててーーー(以降、業界の話。少しでOK)

就活のエージェントや転職エージェントは、下記のようなことを確認してくるでしょう。

「BtoBのメーカー営業なのか」

「BtoCのメーカー営業なのか」

みたいな内容です。

正直そんなの会社次第な部分もありますよね。

上記の冒頭文の利用をおすすめします。

メーカー営業であれば、どこの業界でも履歴書や面接の回答も応用できます。

モノ作りでなくても大丈夫。

システムやIT関係の無形商材メーカーでも通用します。

あまり暗記せずに意味だけ頭に入れて起きましょう。

 

まとめ:メーカー営業の志望動機は業界問わず一緒!

当記事では、メーカー営業の志望動機について解説しました。

メーカー営業への志望動機は、基本どこの業界でも同じです。

販売物が異なるだけで、大目標すべて一緒。

つまりそこを突いて、冒頭のトークを定型文にして、多数の会社の選考を受けましょう。

そして多数の企業から内定をもらってください。

就職活動は、メーカー営業が好きであれば、たくさんの企業のものづくりの理念や方法について知ることのできるチャンスです。

その知識は就職後も役立つでしょう。

それでは下記、簡単に記事をまとめます。

メーカー営業の仕事内容は、下記でした。

メーカー営業の仕事内容

  • ルートセールス(決まったお客様周り)
  • 新規営業(自主的にやっただけ)
  • 入金の確認
  • 会議出席(1ヶ月の報告)
  • クレーム対応
  • 電話対応
  • 展示会参加
メーカー営業で重要なポイントは、下記。

メーカー営業が引き出す情報

  • 自社品の評価
  • 他社製品の情報
  • 新商品開発につながる情報
メーカー営業の志望動機は、下記になります。

志望動機

御社は、〇〇の製造しているメーカーです。今回、ご応募しましたメーカーの営業は、製造業で一番重要な「自社品への意見」と「新商品開発につながる一次情報を回収できる」唯一の存在だと思っています。
 つまり製品開発のきっかけに関わるので、メーカー営業は、非常に重要なポジションです。そのため、会社の中でも開発部や生産管理、物流部など、多くの方と深く関われると思っています。自分の部署だけではない方とも深く関われるのは、自分への成長にもつながると信じています。
 また、御社はーーー〇〇の役立ててーーー(以降、業界の話。少しでOK)
ヒロトモ
最後までお読みいただきありがとうございました。関連記事もよろしくお願いします。
「メーカー営業が楽かどうか知りたい!」
そんな方に向けてメーカー営業の楽なポイントについて解説しました。
「メーカー営業のきついことも知りたい」
そんな方に向けてメーカー営業の厳しいポイントを解説しました。
もっと詳しく解説
メーカー営業の「きつい」ポイントを経験者が解説!「きつくありません」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です