メーカー営業は楽です!【ただし、業界によりけりで注意が必要】

 

どーも、メーカー(製造業)で働いて7年のヒロです。

今回は、メーカー営業が楽かどうか解説しました。

ヒロトモ
メーカー営業歴6年で、トップセールスです。

メーカー営業について楽なイメージもありませんか?

結論から申し上げますと、楽です。

しかし、業界や販売物のジャンルを間違えると楽ではないことも・・・

ヒロトモ
そこで、今回はメーカー営業の経験者が、実情について解説します。

「メーカー営業が楽か知りたい」

「メーカー営業が楽って聞くけど本当?」

「楽な業界のメーカー営業で働きたい」

ヒロトモ
そんな方に読んで欲しいおすすめな記事です。

実際に、6年間メーカー営業として働いて「定時に帰れる、その割に給与良い、ワークライフバランスに優れる」と大満足でした。

ぜひ、最後まで読んでみてください!

メーカー営業は楽でした。経験者が解説します!


メーカー営業を6年してきて、全体的にはでしたね。

働いていたのは、靴業界のトップメーカー

朝礼ギリギリに出社し、定時に上がることが出来ていました。

製品も、1年間でサイクルが決まっています。

例えば、春に冬履くあたたかい防寒用の靴について商談。

夏から秋にかけて、新学期や収穫に関係する靴の商談と行った感じ。

そのため、経験を重ねれば重ねるほど、定時上がりで楽でした。

サイクルを掴めますから!

私の場合には、担当する取引先が大きく且つ、取引先が多かったです。

1年目こそ、かなり残業してしまいました。

しかし、2年目にはほとんど定時上がりと行った感じ。

正直、私より取引先の少ない営業はもっと楽かと思うと、よっぽど楽な仕事だと思いますね。

ヒロトモ
本当に楽でしたね!メーカー営業をおすすめします!

メーカーの楽なポイント解説

ここからは、メーカー営業を経験して、楽だと感じたポイントを紹介!

下記になります。

メリット
  • 年間スケジュールが決まってる
  • 営業に行かなければ楽
  • 発注や在庫確認のオンライン化で電話少ない
  • 隙間時間が多い
ヒロトモ
詳しく見ていきましょう。

年間スケジュールが決まっている

前述の通り、メーカー営業は年間スケジュールが大体決まっています。

ですので楽でしょう。

「4月までに生産依頼をして、10月に出荷する」

「8月は暇なので、新規営業する」

「2月は余裕あるが、繁忙期に備えて、システム化を進める」

そんなイメージですね。

年間スケジュールが決まっていれば、有給取得が計画を持って出来ます。

ですので、私が働いていたメーカーも有給取得率はかなり高い。

旅行の予定が組みやすいのがよかったですね。

ヒロトモ
定番品ばかりのメーカー営業は更に楽チン!

営業に行かなければ楽

「今日はどうしても定時に帰りたい・・・」

そんな日もあるでしょう!

そういう日は、営業に出ないことで楽になります。

そもそも営業に出なければ、本当に楽ですね。

見積もり依頼もデスクにたまる事はありませんから。

提出物や週間報告書の作成など、デスクでもできる仕事はあります。

ですので、どうしても楽をしたいなら、営業に出ないというのも有り。

また、家の近くの得意先への営業は、あえて朝早くか遅くにアポイントをいれましょう。

直行出来ますし、直帰も可能です。

経験上、直行より直帰の方が楽ですね。

忘れ物をする可能性が直帰の方がありません。

ヒロトモ
常に外出しなくてもOK!

発注や在庫確認のオンライン化で電話少ない

メーカーに限らず、会社で働くと電話多そうですよね。

メーカーへの電話で多いのが、発注と在庫の確認。

近年のオンライン化や無人化、経費削減により発注と在庫確認がシステム化になりました。

取引先のパソコンでも確認できるのです。

そのため、電話がかなり減りましたね。

電話こなくなってまぁー楽になりましたよ!

ヒロトモ
取引先からのお問い合わせもメールやファックスで楽々です。

 

隙間時間が多い

メーカー営業は、隙間時間が多いです。

先ほど説明しました通り、電話が少ない。

また商社の営業と異なり、メーカーへのお問い合わせも有りません。

これって本当に楽なポイントなんですよね。

よく商社さんと同行営業にいきます。

その時に、心底感じますね。

「商社営業じゃなくてよかった・・・」

電話でユーザーからお問い合わせを受けて、それをまたメーカーに確認。

本当に忙しいです。

メーカー側の営業と営業の合間のゆとりの差ったら凄いですよ。

ヒロトモ
隙間時間が多いので、副業やSNS運用も捗りますね!

 

楽じゃなかった?メーカー営業のココがいやだ!

ここからは、メーカー営業の楽ではなかったポイントもご紹介!

当然、すべて楽な訳ではありません。

楽な中でも、「これは嫌だったな・・・」という事案も解説しましょう。

下記になります。

デメリット
  • 欠品・クレーム
  • 販売応援・改装応援
ヒロトモ
詳しく見ていきましょう。

欠品とクレーム

まず、欠品クレームですね。

欠品は、こちらが気をつけていても起きてしまいます。

急な大量注文がある場合もありますから。

欠品が少ないメーカーに入るのも重要ですね。

緊急性の求められるメーカー品は、欠品リスクが高い。

またサイズなど1アイテムに対して、いくつも展開がある製品も同じ。

欠品の可能性が高いでしょう。

無形商材(システムやITなど)であれば欠品の可能性がありませんね。

ヒロトモ
私の場合には、靴だったのでサイズが多く欠品が多かった・・・

クレームも欠品と同様に営業の頑張りではどうにも出来ません。

突如、工場の怠慢や品質保証部の見落としによりクレームが発生します。

この対応もかなり面倒でイヤでした。

自分でコントロール出来ないのが多い仕事って大変なのでしょう。

クレームに関しては、有形・無形どちらもありますね。

ヒロトモ
クレーム対応はイヤですが、早く対応しましょうね。

販売応援と改装応援

有形メーカー(物・靴や家電など)は、販売店への販売応援があることも・・・

これも中々、イヤですね。

なぜなら、販売応援って休みの日が多いから。

当然、お客様が多い日に応援するケースが多いので、忙しいでしょう。

代休を取れるくらい余裕のある会社を選ぶことをおすすめします。

私のように、取引先が多いと平日に代休をとってもガンガン電話きますね。

ヒロトモ
販売の大変なところは、時間を選べないこと。売り場にいればずっと商談です。

さらに、驚いたのが販売店の改装応援です。

販売店の売り場を作る仕事をメーカーが行う業態がありました。

ホームセンターなどですね。

改装中も取引先からメール返信を求められることがあり、結構めんどくさい!

ヒロトモ
有形メーカーの宿命かもしれません・・・

楽かどうかは、業界と販売物のジャンルによります。

補足ですがメーカーは商社営業に比べて楽な傾向があります。

いくらメーカー営業が楽だからと行っても、さらに楽な会社で働きたいところ!

そこで、筆者が色々なメーカーと関わる中で、「こういうメーカーが楽!」という条件を紹介します。

下記になります。

メーカーのおすすめ条件

  • 時代の流れに乗った商材は、売れやすいし給与高い
  • 他社メーカーが少ない(すぐにプロフェッショナル)
  • 日本製など品質重視
  • 有形より無形商材がおすすめ!ただし大手に限る!
ヒロトモ
詳しく見ていきましょう。

 

時代の流れに乗った商材は、売れやすいし給与高い

時代の流れに乗った商材のメーカーは強いですね。

最近ですと、省人化・効率化に関係したメーカー。

時代の流れに乗れていると、一生懸命に売り込まなくても売り上げになるのです。

それって楽ですよね!

さらに、利益も取れやすいでしょう。

時代の流れに乗れていれば、独占や競合他社も少ないので、商談を優位に進めることが可能!

また、売りやすい商材だと販売店も積極的に販売してくれます。

私は、業務用の靴メーカーでしたが、そこで苦労しました。

販売店は、在庫したくないし、どうせ売れないと諦めムード。

提案してもまず、販売店の営業マンが販売してくれないことも・・・

ヒロトモ
時代の流れに乗った商材を持つメーカーがおすすめ!

 

他社メーカーが少ない(すぐにプロフェッショナル)

他社メーカーが少ない業界のメーカー営業は楽です。

これは私の業務用の靴は該当しました。

他社が少ないとすぐにプロフェッショナルになります。

他社や業界に詳しくなると、販売店からの信頼も厚くなるでしょう。

「販売店の業界は、他社が多く、メーカーにとっては他社が少ない。」

この条件であれば、少し営業して勉強すれば、すぐにトップセールスでしょう。

販売店からの信頼が厚くなると、たとえ業務用の靴メーカーでも販売してもらえます。

ヒロトモ
まずは、販売店に信頼されることが重要。信頼は他社と業界に詳しいことで生まれやすいと実感しました。

 

日本製など品質重視

品質を重視したメーカーは楽勝ですね。

まず、提案ベースでは製品力を武器に自信をもって商談に望めますから。

さらに、クレームも少ないのも特徴!

クレーム少ないとまず、消耗しません。

これは日本製製品と海外製の安価品をどちらも扱うメーカーにいたからこそわかります。

日本製の製品のクレームに関しては、発生しても全然苦ではありません

むしろ、「何か新製品や改良へのヒントになるかも!」と楽しみにもなりました。

ヒロトモ
品質の高い製品は一度採用になれば、余程のことがない限り問題なし!

 

有形より無形商材がおすすめ!ただし大手に限る!

最後に、有形より無形商材のメーカーがおすすめです。

無形であれば、工場への設備投資や作業員、土地にお金をかける必要がありません。

それだけ、人材へ投資することができるのです。

求人やリクナビなど見るとわかりますが、無形商材の方が給与が高い。

そして、経常利益など財務状況もよい傾向にあります。

比較的に、若い経営者や若い人材を大事にする傾向もOK!

ヒロトモ
無形商材で、楽で且つお給料もたくさんもらおう!

ただし、1つだけ注意が必要です。

無形商材のメーカーでもベンチャーや中小企業は楽ではないことも・・・

その理由は、大手と異なり分業化が進んでいません。

そのため、営業以外にもあらゆることを自分で行わないといけないのです。

営業に専念できないと、雑用などでスキルが身につかない可能性もあるでしょう。

また、残業代も増えますね。

ヒロトモ
せっかく無形営業なのに、人に投資できない会社では意味がありません。

 

メーカー営業は無形で大手が楽で給与も高くて最強

それでは、メーカー営業は無形で大手が楽で給与も高く最強なのでしょうか?

確かに、その傾向は強いと思います。

しかし、有形商材のメーカーのメリットは、商材を運ぶ運送会社があるということ。

なにが言いたいのかと言いますと、無形では際限なく注文を取れてしまいます。

すなわち、トラブルがあった場合に、「今日中になんとかしろ」と行った問題があることも!

大手であれば、専任のソリューション営業部隊があるかもしれません。

「だから安心!」ではなくて、人事異動でそう行った部署に異動する可能性もあるのです。

ですので、大手で無形だから最強というのも何とも言えませんね。

有形なら、運送会社が稼働していないと対応できないと回答できますから!

ヒロトモ
以上を踏まえて、自分にとって楽なメーカーを選んで見てください!

私は、メーカー営業をおすすめします!

 

ヒロトモ
最後までお読みいただきありがとうございました。関連記事もよろしくお願いします。

「メーカー営業のきついことも知りたい」

そんな方に向けてメーカー営業の厳しいポイントを解説しました。

もっと詳しく解説
メーカー営業の「きつい」ポイントを経験者が解説!「きつくありません」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です